覚えておこう!今からでも大丈夫【ふるさと納税】のメリット・注意点

ふるさと納税TOP見学・発見・勉強

今回はふるさと納税に関する
内容を独自で調べたもの
になります。詳しい情報は
本文内にあるふるさと納税
サイトよりご確認ください。

本記事はふるさと納税の情報提供を
目的としたものであり、ふるさと納税の勧誘を
目的としたものではありません。
最終的なふるさと納税は、お客さま
ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

そもそも「ふるさと納税」って?

好きな自治体に寄付が出来る!

まず初めに、「ふるさと納税」とは、
自分で好きに選んで、
自治体へ寄付をする事ができる
制度
です。「納税」という単語が
使われていますが、この制度は
「寄付」
に該当しています。
また、寄付金の使い道を
寄付者が指定することができます。

お礼に自治体から「返礼品」が!

寄付をすると自治体から、そのお礼として
「返礼品」をもらうことが出来ます。

いろいろなところの特産品から
好きなものを選べることも、
ふるさと納税の魅力になっています。

寄付したお金は本来納める税金から戻る!

ふるさと納税は、
「寄付した金額から2,000円を除いた金額」が、
翌年の所得税・住民税から控除
されます。
ということは「2000円の負担金のみ」で、
寄付した自治体から返礼品も受け取とれる
お得な制度!実質「2,000円の負担」で、
ふるさとや応援したい地域に寄付ができ
特産品など返礼品も受け取ることが出来る、
寄付する人も寄付された
地域もうれしい仕組みです。
(寄付した自治体数に関わらず、
トータルで実質2000円の負担です。) 

スポンサーリンク

簡易的に控除上限を確認しよう!

ふるさとチョイスで簡単に調べることが出来ます。

かんたんシュミレーションは目安の
控除上限額を表示しています。
ご自身の正確な控除上限額が知りたい
場合は、控除上限額のシュミレーションを
ご利用ください。家族構成と年収を
選ぶだけで、実質負担2,000円の
「ふるさと納税」上限額がすぐ計算できる、
かんたんシミュレーション!

ふるさとチョイス

家族構成の選択と、年収を選択する。

上記内容だけで
おおよその控除上限額(目安)
調べることが出来ます。

こんな感じで目安金額が表示されます。

実際の控除上限額シミュレーションしてみよう!

始める前に
お手元に「源泉徴収票」または
「確定申告書の控え」をご用意ください。
控除上限額は、今年の所得金額から
算出されるため、目安としてお考えください。

【Step1】あなたや家族の所得はいくら?

【Step2】あなたの家族構成は?

配偶者の有無等を選択します。

実際の内容は上記より確認してね♬

【Step3】あなたの保険料や控除額はいくら?

上記内容の金額を記載しよう。
不要なところは「0」と記載しよう。

源泉徴収票の見方

【Step4】結果発表!

最終的に控除上限(目安)が表示されるので
自己負担が2,000円になるよう、
「控除上限額の目安」を計算しよう。

控除上限(目安)がわかったら!

寄付する自治体や返礼品を選ぼう!
「寄付上限額」がわかったら、その額に合わせて、
寄付する自治体や返礼品を選びましょう。
数ある地域や返礼品の中で、どこに寄付をしようか
迷ってしまう…という方は、
「寄付金額」・「人気の品」・「地域応援」
「初めて」などの選択肢があるので
是非参考にしてみてください!

ふるさとチョイスの寄付金額別

時間がない人向けに特集からピックアップした
お礼の品を、寄付金額別で選べる。

ふるさとチョイス人気ランキング

人気のお礼の品や場所が一目でわかる!

ふるさとチョイスのはじめてチョイス

私よりわかりやすく書いてある!

希望のものを選んだら!

寄付金控除手続きをします。
寄付金控除の申請には「ワンストップ特例制度」と
「確定申告」2つの方法があります。
どちらも、ふるさと納税で税金の控除を
受けられる手続きです。以下を参考に、
ご自身にあった方法をご確認ください。

ワンストップ特例制度

確定申告

どのような手続きが必要?

ふるさとチョイスの手続き方法を確認しよう。

返礼品&、税金から寄付したお金が戻ってくる!

まとめ

今回はふるさとチョイスを参考に
ふるさと納税の仕方を
記載いたしました。
実際に行ってみるととっても
簡単にふるさと納税をすることが
出来ます。実際の記入方法や
ふるさと納税してみたについては
今後ふるさと納税をする際に
記載していこうと思います。

ふるさと納税リンク


サイトマップ プライバシーポリシー 問い合わせ プロフィール

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました